3D測定のデジタルトランスフォーメーションに向けたロードマップ

データ管理・デジタル接続

3D測定のデジタルトランスフォーメーションに向けたロードマップ

 

データ管理・デジタル接続

3D測定のデジタルトランスフォーメーションに向けたロードマップ

 

3Dスキャン技術によって生成される3D測定データは、現在、製品の開発・製造のあらゆる段階で使用されており、これには早期の試作段階も含まれますが、このデータの企業プロセスへの統合は未整備のままで、計測結果の膨大なファイルの共有には依然としてUSBスティックが使用されています。あらゆる製造プロセスの中でも、3D部品測定と3D検査結果の寸法共有では、デジタルトランスフォーメーションの必要性が高まっています。しかし、かかる時間とコスト、日常業務の混乱を引き起こす膨大な全面見直しを避けるために、各社この変革を慎重に進める必要があります。

今日では、段階的かつモジュール式のアプローチによって、各製造関連チームによる3D測定データの一層の活用を推進するデジタルツールやプロセスを順調に導入しており、あらゆる段階で大きな恩恵がもたらされています。このような成功事例には共通要素があります。

 

ホワイトペーパーをダウンロードする