3D寸法解析と品質管理

製造組織が 1960 年代にプロセス内に座標測定機を統合したときの主な目的は、製造された製品を検査して、主要な寸法が仕様の範囲内であることを確認することでした。 30 年後、ポイント クラウド スキャン技術が登場し、ツール、プロトタイプ部品、およびパイロット アセンブリを迅速にデジタル化および分析して、新製品を設計しながら市場投入までの時間を短縮できるようになりました。現在、寸法解析と品質管理のワークフローを 1 つのソリューションに統合することに成功したため、製品エンジニアリングと製造のライフサイクル全体に共通の 3D 測定プラットフォームを展開できるようになりました。

 

論文

3D計測業務をユニバーサルソフトウェアプラットフォームで統一化

今日の製造企業には先進的な3次元測定室があり、ポータブル測定機やCNC 3次元測定機、レーザースキャナー、レーザートラッカー、デジタルゲージといった測定機器を備えています。そして、それらのハードウェアは測定機メーカーごとに独自のソフトウェアソリューションを使用します。複数のソフトウェアプログラムを使用していると、すべてのソフトウェアのワークフローを習得しなくてはならないため、3D測定チームの作業効率が低下します。複数のソフトウェアをユニバーサルソフトウェアプラットフォームに置き換え、統一化することで、測定チームの苦労や課題を解決し、3D計測の業務効率は格段に向上します。

続きを読む