イベントとウェビナー

フィルター
Recorded conference

世界では革新的にデジタル化が進んでいます。お客様の企業ではいかがでしょうか? Eメール、ソーシャルメディア、オンライン会議の先には、次のステップとして製造プロセスのデジタル化が進みます。それは、単にスイッチを切り替えるように簡単ではなく、計画された段階的な変革プロセスが必要です。

Recorded conference

部品の製造工程内でスキャンデータから部品表面の欠陥をカラーマップでスピーディに表示することで、後工程での修正コストを削減します。

Recorded conference

新しい画期的な自動サーフェス作成テクノロジーによる、スキャンデータからサーフェスモデル作成をご紹介します。

Recorded conference

新しい線の輪郭度幾何公差ツールと強化されたポリライン作成機能を使用して、機械部品やシートメタル部品のトリム形状や、押出成形部品の断面形状を効率的に検査します。

Recorded conference

複数ステップ機能により、測定シーケンス上の円筒や平面などの1つのオブジェクト測定を複数のステップに分割でき、測定時間の短縮とともに、測定シーケンスの柔軟性と機能を大幅に向上させることができます。

Recorded webinar

通常のスキャンデータによる検査では、部品のCADモデルを使用したデータの位置合わせ、寸法や幾何公差の算出などを行いますが、図面しかなくCADモデルが使用できない場合でも、異なるツールを使用することでスキャンデータのみで同様の検査を行うことができます。

Recorded webinar

これまでExcelシートで作成された企業独自の検査報告書に検査結果を出力するためには、手動による作業や複雑なマクロを作成する必要がありました。

Recorded webinar

通常のプローブ測定による検査では、部品のCADモデルを使用してデータの位置合わせ、寸法や幾何公差の算出などを行いますが、図面しかなくCADモデルが使用できない場合でも、測定ガイドの表示を行い複数ピース測定にも対応した同様の検査を行うことができます。

Recorded webinar

測定機の測定範囲を超える大きさの部品の測定や、部品の位置を変えないと形状全体が測定できない場合でも、PolyWorks|Inspector™ は、複数の測定位置から取得したデータを効率的かつ1つの座標系に合わせる機能を提供します。

Recorded conference

お客様の製造環境にPolyWorks®を統合するメリット

Recorded conference

革新的な最新技術による3つの量産試作業務の効率化 

Recorded webinar

複雑な計測の課題に直面した場合、計測エンジニアは、独自の測定方法を考え、それらをマクロ化して社内標準にすることがよくあります。

Recorded webinar

多くの測定オブジェクトを含むCNC3次元測定機の測定シーケンス作成は、通常、時間がかかるプロセスで、シーケンスには、プローブの向きの設定、干渉の回避、測定オブジェクトの順序の最適化などが含まれます。

Recorded webinar

曲げのあるチューブやロッドの形状検査を、PolyWorks|Inspector™の無償 マクロであるIMTubeを使用してプローブやスキャニング測定を行うことができます。

Recorded webinar

シートメタルや樹脂、または複合素材で作られた厚みが薄い部品の検査には、プローブ測定、スキャニング測定に関わらず、いくつかの課題があります。

Recorded webinar

CNC 3次元測定機の測定シーケンスの作成で重要なことの1つは、干渉のない測定パスを作成することです。